2017年8月22日火曜日

にっき

コーヒーを淹れるのにフレンチプレスを愛用してる.1台目はうっかり落としてガラスを割ってしまって,いまは2台目だ.コーヒーメーカーやドリッパーとちがって紙のフィルタを使わなくてすむものの,長く使っているうちに金属製フィルタが破れたりしてだいぶ傷んできたので,Amazonでパーツを買って交換した.こういうときにすぐ交換品を手に入れられるようになったのはありがたい.

▲ フレンチプレスはハリオのお安いやつを使ってる.

2017年8月21日月曜日

clip:「諸悪の根源が消費社会論にあるような気がしてきた」

北田暁大・栗原裕一郎・後藤和智『現代ニッポン論壇事情 社会批評の30年史』(イースト・プレス,2017年,pp.186-188)から:

にっき

ツイッターに流してもしょうがないことをきらくに書けるのがチラシの裏の自由さ.

  • こまめに不用品処分を続けてるのに,なかなか本棚のなかみを追放しきれない.まだこんなにモノがあるのかと,感心すらする.
  • ともあれ,部屋が本や漫画や書類の束で埋まってた暮らしは,はるか大昔のことになった.ドキュメントスキャナは偉大だ.あと,数テラバイトていどのストレージを個人が気軽に扱えるようになったことも大きい.しかも,NAS を導入すれば,ネット経由で蔵書にアクセスできる.
  • いま調べてみたら,スキャンした本・漫画は合計で 813GB でしかない.
  • 本や漫画を裁断してスキャンする以外でも,ちょっとした書類や授業関連の紙の山をどんどんデジタル化できるのは本当にありがたい――最初から紙じゃなくてデジタルにできてればそれがベストだけど,もうしばらく続くだろう過渡期を乗り切るまでの心強い味方だ.
  • ドキュメントスキャナは4万以上するお高いガジェットだけど,スマホとちがって長持ちする.いま使ってる Scansnap S1500 はどうやら 2009年3月に導入したらしいので,かれこれ8年以上も使っている.2年おきくらいで消耗パーツの交換は必要になるけど,たかがしれている.実は費用対効果でみるととてもお安い投資じゃなかろうか.

clip: 「日常生活のなかのカリスマ」心理学研究

日常生活での「カリスマ」を構成する要因は「他人への影響力」と「人当たりのよさ」(affability) の2つではないかという心理学研究をイギリス心理学会ブログが紹介してる:



2017年8月19日土曜日

SEP「タイプ vs. トークン」§2.1

前回訳したセクション 1 の続きで,今日はスタンフォード哲学事典「タイプ vs. トークン」のセクション 2.1 を訳すよ.

その後の体重

7月31日時点で,かろうじて 60kg 台を切るところまで体重をじわじわ落としていた.その後も微減を続けている:

▲ 2016の7月30日から現時点までの体重推移

このところ運動不足なのは否めないけど,増加に転じなかったのでよしとする.