2018年1月21日日曜日

ピンカーのレイコフ本書評: 抜粋

むかしむかし,言語学者で「概念隠喩」研究のパイオニアとして広く知られるジョージ・レイコフが,アメリカ民主党ひいては進歩派を応援しようと,自分のこれまでの研究を応用した助言を本にまとめて世に問うたことがあった.

  • Don't Think of an Elephant: Know Your Values and Frame the Debate. Chelsea Green Publishing, 2004.
  • Whose Freedom?: The Battle over America's Most Important Idea. Farrar, Straus and Giroux, 2006. 
レイコフはいまでも政治的な発言・提言を続けているようだ

2018年1月20日土曜日

でかいスマートフォンをどう持ち運ぼう: waistrap の "Slipin"

いま使ってる Xperia XZ Premium が 5.5 インチな上にベゼルも太いおかげで,ポケットに入れるとちょっと邪魔くさい.

ソニーCEO「次のパラダイムシフトに備えるためにスマホ続けるね」(大意)

――というインタビューが英語圏のテック系ブログで話題になっていた(グーグル先生が「これ興味あるでしょー?」ってわざわざサジェストしてくださる).

2018年1月13日土曜日

スマートフォンのカメラもよくなりましたなぁ

えっとね,ただの日記です.読んでも得るものはないよ.

スマートフォンを Xperia XZ Premium に乗り換えてうきうきしながら使ってる.いままで使ってた Huawei P9 は カーチャン J( 'ー`)し にゆずった.

P9 はデュアルレンズが売り物で,ソフトウェアの処理でボケの効果を出せるのがなかなか楽しかった.

▲ Huawei P9 で撮影(背景をモノクロにする効果を使用)

Xperia XZ premium は,正直なところそんなにカメラ性能は高評価ではない.各種レビューでカメラが褒められているのは,たいてい iPhone X だのグーグルの Pixel2 だのサムスンの Galaxy S8 だので,XZP は名前すら挙がらない機種だ(参考: コレとかコレとかコレとか).

とはいえ,2017年のハイエンドだけあって,カメラ性能は十分にすぐれている.

背景のボケもわるくないし――

▲ Xperia XZ premium で撮影(トリミング)

素人目には,彩度もわるくないように思える:

2018年1月5日金曜日

用例メモ:「おきれいだったねぇ」の曖昧性

ラジオを聞いていたら、こういうやりとりがあった:
A1「で、あともうひとりは、原田知世ですよ。」
B1「原田知世さんおきれいだったねぇ〜」
A2「いや、いまもきれいですよ」
B2「いや、ちがうんすよ。ゲストきたんすよ」
(「伊集院光とラジオと」TBSラジオ、2018年1月4日放送分)